成城学園のインプラント 審美歯科治療は、KU歯科クリニックへ

安心治療

安心して治療を受けていただくために


ワンポイントアドバイス

インプラントはきちんとした技術を持った歯科医にとっては、簡単な治療です。

“体の中に異物を埋め込む!?”

安全性

日本でのインプラントの治療は、1980年ごろに未熟な歯科医と不確実な材質による失敗から悪評が広がり、欧米に比べ浸透が著しく遅れました。現在も、当時のスタイルのインプラントを不衛生な状態で行う歯科医がいると聞きますから驚きです。

歯科治療全般において十分な基礎知識と技術を持ち、あらゆる選択肢の中から最もその人に適した治療を”正確に・確実に”行えなければ、インプラントは行うべきではありません。
いくら、インプラントの埋入(インプラントを骨の中に入れる手術)がうまくても、肝心な補綴治療(かみ合わせ)が不十分であれば長持ちはしません。もちろん歯周治療(歯茎)や予防(入れた後のケアー)は、もっと大切です。
信頼のおける歯科医院で失った歯を補う場合の方法として、入れ歯・ブリッジと同様、選択肢の一つとして、安心して考えていただけるのは間違いありません。


インプラントについての考え方は歯科医師によって様々かと思いますが、長期的な口腔環境の保全や、患者様のニーズを考えると、必要最低限なものだと思います。現に欧米の歯学部では4・5年生時にカリキュラムに入っていて実習まで行いますが、日本では概念的なところをさらっと流す程度です。つまり、卒業後、インプラントに限らず、歯科医療における先端技術や情報の確認をするには自分で学ぶしかないということです。

現段階でインプラントを完全否定する先生には、“まだ、削るんですか?”といいたいくらい、日本の歯科医は削って詰めてが大好きです。

術中・術後の痛み・不快感もかなりのものであると思われているようですが、実際は次の通りです。

  • 麻酔
    95%以上局所麻酔でOKです。
    つまり、一般歯科治療と同じ簡単な麻酔で十分です。特殊な症例・歯科恐怖症の方には、静脈内鎮静法が安心です。

  • 術中
    抜歯と同じ、もしくはそれよりも不快感は少ないでしょう。
    時間は1本の埋入であれば15分程度です。

  • 術後
    抜歯と同じ、私の経験ではそれ以下のような気がします。腫れも抜歯よりも少ないです。(これは確実にそうです)
    注意事項(禁酒・入浴・運動制限など)も抜歯後と同じです。

また、当院では衛生面におきましても徹底した対策を取っております。
詳しくは衛生管理をご覧ください。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional