成城学園のインプラント 審美歯科治療は、KU歯科クリニックへ

症例

症例


症例①:歯を1本だけ失ってしまった場合

画像

歯根を1本だけ失ってしまった場合"代用品"としてインプラントを1本だけ使って修復する方法は、最も洗練された治療で、審美的にも美しく、満足のいく結果が得られます。
治療後のインプラントはまるで天然歯を思わせるほど自然に感じられます。 しかも、顎骨が"萎縮"する心配やブリッジ治療のように隣接する健康な歯を削る必要もありません。

症例②:数本の歯を失った場合

数本の歯を失った場合

この場合もインプラントが理想的な解決法となります。数本のインプラントを歯のない部分に入れ、これを土台としてヘッド部にブリッジをかぶせます。





症例③:歯のない部分が広い場合

歯のない部分が広い場合

臼歯が失われた場合、従来は取り外し式の部分入れ歯で咬合機能を回復させてきました。これに対し、インプラントなら天然歯と同様の感覚の“固定式”人工歯を入れることができます。





症例④:歯がまったく無い場合

画像

下顎の歯がまったく無い場合の治療にはインプラントがよく利用されます。
その方法は、インプラントのヘッド部分を維持装置で連結し、その上部に取り外し式の入れ歯をしっかりと固定します。


さらに詳しい症例はこちらから


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional